カッティング

(Fri)

Posted in 手作り

  



 まだ ちょっと早いのですが


 やってみただけ じゃなく 結構本気モード


P1260498.jpg

 カッティング技術に 難アリ!










P1260501.jpg

 卵があればすぐ出来る、お財布に優しいシフォンケーキしか作らない(泣き

 焼き不足  美味しそうに見えない(泣き






明日 11日(土)は 「阿月神明祭り」 です。









阿月神明祭

 阿月神明祭は、安芸の小早川氏庶流浦氏が、後に萩本藩毛利氏に仕え、正保元年(1644年)第10代
就昌の上関から伊保庄南村(現柳井市阿月)への移封により始まったとされる、360年以上の歴史を誇る
由緒ある行事です。昭和56年12月11日に山口県無形民俗文化財に指定され、その後平成21年3月11
日には、国の重要無形民俗文化財「阿月の神明祭」として指定されました。
 現在では毎年2月11日の祝日に行われていますが、本来旧暦小正月(1月14日・15日)の行事であり、
宮中で行われていた左義長(民間で行われるトンド)に、伊勢神宮の御師のひろめた神明信仰、そして
小早川氏の軍神祭あるいは浦氏自体への顕彰が習合したともいわれる、地域をあげての盛大な火祭りと
なっています。
 地域では祭り自体をシンメイサァ・御神体を神明-しんめい-または神明様-しんめいさま-等と呼び、東・西それぞれの神明宮前の浜に、大鉾を模した御神体を起し立てることにより開始されます。そして神明太鼓の披露、長持ちじょうげ・神明踊り等が奉納され、いよいよ御神体に火を点けるはやし方が勇壮に行われ、祭りはクライマックスをむかえます。
 他の地域にも神明祭はいくつかあるようですが、阿月の神明祭は長い歴史の中で独自の進化を遂げた、
勇壮で美しい祭り といえるでしょう。



               平成24年の日程

           日時 平成24年2月11日(祝)午前8:00~午後8:30頃

           場所 山口県柳井市阿月 東・西神明宮前の浜


日  程     東  方     西  方
起し立て     午前8:00    午前8:30
神明太鼓     午後1:20   阿月公民館駐車場
長持じょうげ   午後2:00    午後2:30
神明踊り(昼)  それぞれ長持ちじょうげ終了後
神明踊り(夜)  午後7:00    午後7:40
はやし方     午後7:20    午後8:00


               ※荒天等の場合、翌2月12日に順延します。
             ※午前9:30~午後9:00まで会場付近は車両通行止めになります。
               ※起し立て前には「じょうげ」が練り歩きますので、(東~西神明宮間)
                 交通に支障がでる場合があります。お早目のお越しをお勧めします。



こちらのHPをご覧ください

http://www.city-yanai.jp/siyakusyo/atuki/sinmei.html







         ランキングに参加中
                        banner2.gif